LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門

制作スタッフ登壇付き 次元大介の墓標 血煙の石川五ェ門 連続上映会!

イントロダクション

孤高の剣士・石川五ェ門いざ“最強”へ 目覚めの瞬間— 若きルパンと五ェ門、この邂逅は、嵐を呼ぶ ハードで危険。小池健監督『LUPIN THE ⅢRD』シリーズ第2弾!

裏切り者の汚名は必ず晴らす!〈最強の剣士〉誕生の瞬間!
「ルパン三世」の原点をリビルドし、若きルパンたちを描いた『LUPIN THE ⅢRD』シリーズ第2弾!2014年夏劇場で公開され、大きな反響を呼んだ『LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標』。孤高のガンマン・次元大介を主軸に、強敵との対決、やがてルパンと「相棒」になっていく姿を、ハードボイルドかつダンディズム満載のアクションで描き切った。そのハードで危険な香り、痛烈な面白さをさらに追及した最新作が登場する。それが本作『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』だ。
主人公は石川五ェ門。自らの雇い主であったヤクザの組長の死を巡り、組から裏切り者の汚名を掛けられた五ェ門が、その屈辱を晴らすため、圧倒的な力を持つ敵に己の力と一振りの刀で挑む!若き血たぎる五ェ門が、斬って斬って斬りまくり、《血煙》呼ぶ死闘の末に手に入れたものとは…⁉
孤高の剣士・石川五ェ門。その覚醒の瞬間。そして若きルパンと五ェ門との出会いを目撃せよ!

監督・小池健×最高のクリエイターたちが再集結!
問答無用の傑作『LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標』を生んだ最高のクリエーター陣が再集結!
本作の監督・作画監督は、アダルトで端正な作画とアグレッシブな演出で国内外を魅了するクリエイター小池健(『REDLINE』)。前作でルパンたちの原点をハードな魅力全開で鮮やかに描き切った俊才がさらに一歩踏み込んだ世界を構築する。脚本は新テレビシリーズ『ルパン三世』のシリーズ構成と脚本も担当した高橋悠也(『相棒』)。クリエイティブ・アドバイザーは映画監督・石井克人(『PAETY7』)。音楽はCMに映画に幅広く活躍中のジェイムス下地(『REDLINE』)。陰翳の深いアダルトな世界観を音からのアプローチで盛り上げている。アニメーション制作はテレコム・アニメーションフィルムが担当。プロデューサーは前作同様、浄園祐。またテレコムのトップ・アニメーター友永和秀、横堀久雄、滝口禎一らも原画に参加している。

ストーリー

日本。 伊豆沖を進む賭博船で、襲撃された鉄竜会の組長を救ったのは、若き用心棒・石川五ェ門だった。だが直後に大爆発が起こり船が大破。組長も命を落とす。爆発の原因は斧を武器に使う大男だった。一旦は男を追いつめた五ェ門だったが逃げられてしまう。一方、賭博船から金を奪うことに成功したルパン三世と次元大介、峰不二子は、洋上のボートからその様子を目撃する。

“バミューダの亡霊”

―大男はそう呼ばれていた。かつて戦場で2,000人を殺戮した兵士でコードネームはホーク。なぜそんな男が日本にいるのか?公安の銭形警部はホークの足取りを追う。
そして、組長の葬儀の場で、裏切り者の汚名を掛けられた五ェ門も、その屈辱を晴らすためホークを追うのだった。

その頃、ルパンたちは、伊豆山中のアジトで、札束を前に祝杯を挙げていた。そこに突如ホークが現れる!ホークの目的はルパン、次元、不二子の処刑であった。アジトを脱出したルパンたちの車とホークのバイクが激しくチェイス。と、いきなり巨木が倒れかかってくる!
巨木の上に現れたのは、ホークを仇と追う五ェ門だった。
「助太刀無用!」
そう言い放つ五ェ門。ホークとの死闘が始まる。
だが―‼

スタッフ

監督
小池健

Takeshi Koike

 

監督・アニメーター。1968年生まれ。石井克人監督の「PARTY7」(2000)のOPアニメーションで監督デビュー。「サムライチャンプルー」(2004)ではOP原画、「アイアンマン」(2010)ではメカニックデザインなど圧倒的な画力で幅広く活動。「アニマトリックス ワールド・レコード」(2003)、「REDLINE」(2010)を監督。強烈な印象で世界中のアニメ映画ファンを熱狂させた。前作「LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標」(2014)でも監督・作画監督を担当。

脚本
高橋悠也

Yuya Takahashi

 

脚本家。1978年生まれ。完成度の高いサスペンス作品の脚本で注目される。TVドラマ「相棒」シリーズ(テレビ朝日)、「仮面ライダーエグゼイド」(2016)など話題作を担当。また劇団UNIBIRDを主宰し、その舞台作品全ての脚本・演出を担当。「LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標」(2014)に参加ののち2015年10月から放送されたTVシリーズ「ルパン三世」のシリーズ構成と脚本も担当。

クリエイティブ・アドバイザー
石井克人

Katsuhito Ishii

 

映画監督・映像演出家。1966年生まれ。「鮫肌男と桃尻女」(1999)、「PARTY7」(2000)が連続ヒット。「茶の味」(2004)はカンヌ国際映画祭に出品。小池健監督の「REDLINE」(2010)では原作・脚本・音響監督担当。「ハロー!純一」(2014)では監督・脚本・企画プロデュースを担うなど幅広く活躍中。2015年ガメラ生誕50周年記念映像『GAMERA』を監督。日本の映像シーンに大きな衝撃を与えた。

音楽
ジェイムス下地

James Shimoji

 

作曲家、音楽プロデューサー。1965年生まれ。映像のポテンシャルを最大限に引き上げるスタイリッシュな音楽が国内外で高い評価を受ける。小池健監督「REDLINE」(2010)の疾走感溢れる楽曲は音楽・映画ファンを魅了。石井克人監督の「PARTY7」(2000)ほかCM、映画、TV等幅広いジャンルで活躍中。

プロデューサー
浄園祐

Yu kiyozono

 

プロデューサー。1972年生まれ。OVA作品『ルパン三世Green VS Red』(2008)、TVシリーズ『LUPIN the Third ~峰不二子という女~』(2012)など、多様な「ルパン三世」の中でも特にエッジの効いた意欲作を企画し、世に送り出した。2012年よりテレコム・アニメーションフィルム代表取締役社長。前作「LUPIN THE ⅢRD次元大介の墓標」では小池監督とテレコムの可能性を、新TVシリーズ「ルパン三世」では王道のルパン三世を追及した。

原作:モンキー・パンチ 監督/演出:小池健 「REDLINE」 「LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標」
ルパン三世:栗田貫一 次元大介:小林清志 石川五ェ門:浪川大輔 峰不二子:沢城みゆき 銭形警部:山寺宏一
企画:加藤州平 加藤良太
脚本:高橋悠也 クリエイティブ・アドバイザー:石井克人 音楽:ジェイムス下地
キャラクターデザイン/メカニックデザイン/作画監督:小池健 美術監督:田村せいき 金森たみ子 村本奈津江
ビジュアルコーディネーター:斎藤裕子 色彩設計:茂木孝浩 タイトルデザイン:関口修男 デザインワークス:山下敏幸
音響監督:清水洋史 撮影監督:田沢二郎 編集:笠原義宏 プロデューサー:浄園祐
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム 製作・著作:トムス・エンタテインメント

page top